ご祈祷案内

【内祭(殿内でのご祈祷)】

*初穂料 

個人のご祈願・・・ご願意一件につき 7千円(紙札)、1万円(名入り木札)

​*お車に関するお祓いの初穂料は、1万円よりの御納めにて承っております。

法人等の団体祈願・・・梅式2万円~(10名まで)、竹式3万円~(20名まで)、松式5万円~(40名まで)

【個人の御祈願受付について】

ご祈願はWEBでの事前予約制です。必ず事前にご予約をお済ませになったうえでお越しくださいますようお願いいたします。ご予約はご希望の30日前~前日の社務時間内(16時)までの受付です。

*当日は、ご予約されたお時間の20分前には必ずご参列の皆様おそろいの上、社務所窓口にて受付をお済ませください。
ご予約いただいたお時間の5分前を過ぎても窓口にお越しいただけない場合は、いかなるご事情であっても自動的にキャンセル扱いとなります。くれぐれもご注意くださいますようお願いいたします。

平日は12時を除く10時~15時までの毎正時にご祈祷を行います。また、土日祝日については12時と12時半を除く10時~15時半まで30分毎にご祈祷を行います(30分の枠については法人の貸し切り予約が入る場合がございますので、あらかじめご注意ください)。

日によって神事の都合等により、ご案内のお時間に変更が生ずる場合もございます。ご了承の程宜しくお願いいたします。

ご祈祷予約はこちら

 

【七五三「美容・着付け・衣裳・撮影」セットプランのご案内】

本年より神社にて七五三のご祈祷をお受けになる方限定のセットプランをご用意いたしました。通常のご祈祷予約は30日前より受け付けておりますが、セットプランをお申し込みの方は通常よりも早く事前予約を承ります。セットプランのお申し込みの締め切りは令和3年10月24日までです。ご希望の方はお早目にお申し込みください。

詳細はこちらをご参照ください。​

【法人等の団体祈願予約受付について】

法人等の団体祈願はWEBでの事前予約制です。必ず事前にご予約をお済ませになったうえでお越しくださいますようお願いいたします。ご予約はご希望の30日前~前日の社務時間内(16時)までの受付です。

*当日は、ご予約されたお時間の20分前には必ずご参列の皆様おそろいの上、社務所窓口にて受付をお済ませください。

ご予約いただいたお時間の5分前を過ぎても窓口にお越しいただけない場合は、いかなるご事情であっても自動的にキャンセル扱いとなります。くれぐれもご注意くださいますようお願いいたします。

団体祈願は平日のみ行っております。12時半を除く、10時半から15時半まで一時間ごとに受け付けております。(時期や神事の都合等により変更が生ずる場合があります)。

ご祈祷予約はこちら

*ご昇殿なさる皆様には原則、マスクの着用をお願いしております。マスクをお持ちでない方のご昇殿は、ご遠慮いただいております。

マスクの着用が難しい小さなお子様は、保護者の方が当日のお子様の体調をみて、安全を第一にご参拝の可否をご判断下さいますようお願いいたします。

また、発熱・咳・くしゃみ等の風邪症状がある方はご参拝をお見合わせいただきますようお願いいたします。

【神前結婚式について】

神前結婚式については、こちらのページをご参照ください。神前結婚式のご予約や各種お問い合わせについては社務所窓口もしくはお電話にて承っております。

【当宮境内における写真業者の営利目的の撮影行為について】​

​最近当宮とは無関係にも関わらず、「葛飾八幡宮への出張撮影可能」などと宣伝し、営利目的の撮影を無断で行う悪質な業者やカメラマンがおり、大変困っております。当宮は社有地における無断での営利目的の撮影行為は一切許可しておりません。

屋内をはじめ、境内・屋外も含めた神社が管轄する敷地内において、神社からの特別な許可を得ていない業者やカメラマンによる営利目的の撮影行為は一切禁止です。

神社管轄の敷地内にて営利目的で写真撮影をなさりたい方は、必ず当日に神社窓口にてお申込みいただき、下記撮影料をお納めの上神社指定の腕章をつけたうえでマナーを守ってご撮影ください。

【撮影料について】

・撮影当日にご祈祷をお受けになるご参拝者様の撮影・・・1組につき3千円/1時間

・撮影当日にご祈祷をお受けにならないご参拝者様の撮影・・・1組につき1万円/1時間

​*雑誌などの取材希望については、必ず事前に神社の広報担当までお問い合わせください。

出張祭典について

【外祭(各種出張祭典)】

*初穂料 5万円~ 

当宮より神職が出向いて、地鎮祭 上棟祭 竣工祭 戸建・マンション等の家祓い・清祓い 井戸のお祓い 起工式 安全祈願 解体祓い 事務所開き 伐木祭 稲荷祭 神棚祓い などの祭典を執り行います。

 

各種出張祭典は、お電話での予約制となっております。

ご希望の日時、参列人数、玉串をたてまつる方の人数を決定した上で当宮社務所(047-332-4488)までご気軽に詳細お問い合わせ、お申し込み下さい。 

*出張祭典 準備品のご案内*

 

■主催者様(施主様)にご準備いただくもの

●神さまへのお供え物(神饌)をご準備下さい。

(祭壇は当日神職が持参いたします)

①米・塩(それぞれ一握り程度)

②海産物 2種類(海苔・カツオの削り節・昆布等の乾物で可)

③野菜・果物(旬のものなど、それぞれ3~4種類程度)

④日本酒(一升)

⑤水(コップ一杯程度)

●コップ類

(神職を1名分を含めたご参列人数分・紙コップでも可)

 

 

 ■施工業者様にご準備いただくもの(地鎮祭のみ)

①笹竹    3メートル程度のもの4本

②しめ縄   8メートル程度(約5間 こまい縄でも可)

③川砂    50センチ程度の円錐型を盛るのに適当な分量

( 屋外での祭儀で雨天決行の場合は、テント・ブルーシート等をご用意願います。)

 

*祭壇・三方ならびに地鎮祭時の鎌(かま)・鍬(くわ)・鋤(すき) は当宮にて用意いたします。

*当日はお車でのご送迎をお願い申し上げます。

拝礼作法(二拝二拍手一拝)

1.深いお辞儀を二回繰り返します。

2.次に両手を胸の高さで合わせ、右手を少し手前に引き、肩幅程度に両手を開いて拍手を二回打ちます。

3.引いた右手を戻し、両手をきちんと合わせながら心を込めて祈ります。

4.両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀をします。

5.会釈をしてご神前から下がります。

 

玉串拝礼の作法

玉串は、榊(さかき)の枝に紙垂を結んだもので、神さまの御霊(みたま)と参拝者の魂を結ぶものとされています。神さまへの日頃の感謝や祈りを玉串に込めて、心静かに拝礼しましょう。

 

1.玉串を受け取り、胸の高さに持ちます。

ご神前の玉串案(台)の前に進み、軽く一礼します。

3.玉串を時計回りにまわし、根本をご神前に向けて玉串を案(あん)にのせ、お供えします。

4.二拝二拍手一拝の作法で拝礼します。

 

*新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、現在ご祈祷をお受けいただく際のご拝礼は二拝二拍手一拝のみとさせていただいております